これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

結婚したらどんなふうになるかは、結婚してみないとわかりません。でも、既婚者から前もって教えてもらえることがあるなら、結婚生活を予想するヒントになりますね。自分以外の人と暮らすと、お互いに不満を感じてしまうのが一般的。今回は、調査を参考に夫が妻に望んでいることをご紹介します。結婚生活のヒントにしてみましょう。

 

配偶者に何も望まない人は男性で3割、女性で2割

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

どんなに好きで結婚をした相手でも、結婚をすると配偶者へ望むことが、少しずつでてきてしまうのが現実です。また恋愛では、相手に「ドキドキさせてほしい」というような非日常的な望みもあると思いますが、結婚では生活に根付いた要求がほとんどに。生活レベルでの要求は、習慣的に行っていることに気付いたり、意識して変えたりしなければなりません。

 

明治安田生活福祉研究所が2016年3月に結婚・出産に関する調査を実施した結果を参照しました。配偶者に望むことがあるかどうかという質問で、男性の7割はある、3割はないと回答。一方で女性の場合は8割がある、と回答しています。女性のほうが男性に望むことが多いようですが、ここでは、男性が妻に望んでいることを分析し、妻としてどんなふうに振る舞えば夫婦円満になるのか、ヒントをお伝えしていきます。

 

夫が妻に望むもっとしてほしいコト5つ

調査結果から、主に5つの要求をみていきます、夫が妻に望んでいる順となっています。

 

1.もっとねぎらいの言葉がほしい

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

望んでいることの1位は、ねぎらいの言葉。ねぎらいとは、働きに対してその行動を認め、苦労をいたわってあげることです。実際のシーンを想定すると、仕事をしてきた夫は妻から「おつかれさま。大変なお仕事ご苦労さま、ありがとう」と声をかけられたいと思っているということ。つい「おかえり」だけですませてしまうこともあると思いますが、ありがとうまで伝えられると、苦労が報われる印象です。

 

仕事というと、共働きなら女性も仕事をしているため、仕事をしてくるのが当たり前という雰囲気になってしまうのも否めません。そうだったとしても、ねぎらいの言葉をかけてあげるほうがよいということですね。

 

2.自分一人の時間がほしい

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

妻だって、自分一人の時間がほしいと思っているでしょう。でも女性の過ごす一人の時間と、男性にとっての一人の時間は、目的が違うこともあるのです。男性は何のために一人の時間がほしいと思っているのでしょうか。

 

たとえば夫がお休みの日、「ぼーっとしているなら家事手伝ってよ」と妻が言ってしまうシーンもあると思います。行動ではじっとしているように見える夫ですが、頭の中では普段の疲れを癒す時間としてみなしているか、仕事のアイデアを模索するなど、いろいろな考えを巡らせていることも。

 

男性にとっては、何もしない空白の時間こそ、次の仕事へのエネルギーとなるため必要な時間なのです。エネルギーの充電方法は、ぼーっとするだけではなく、一人で趣味に没頭するという方法も。休日はとことんOFFになりたいのですね。

 

3.ヒステリーをやめてほしい

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

女性は感情的に理解してほしいと、相手に望みがち。そのため感情を分かってくれないと、ヒステリーモードに。男性は理屈で物事を理解する特徴から、ヒステリーの意味を理解することが難しいといえます。何か伝える時は感情的にならず、何のためにやるのか、やるべきことは何かという理屈で話をすると、男性にとって理解しやすい会話になります。

 

4.健康に気を使ってほしい

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

夫婦とも健康であることは、とても大切なことです。妻がテレビを見て夜更かし、お酒をがんがん飲んでばかりしていると、気を使っているようには見えませんよね。また子どもがいれば、きちんと食事を準備することも健康に気を使うことになります。家族の中にひとり体調の思わしくない人がいると、全員に体調不良になる恐れや、気分的に沈みがちな雰囲気になってしまうこともあります。全員が健康的に暮らせるよう配慮することも大切です。

 

5.家事をしてほしい

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

5番目にランクインしているものの、妻には家事をしてほしいと思う男性が多いことが考えられます。家事分担も課題ですが、妻が家事をやるメリットを夫が感じているのではないでしょうか。特に家事が苦手な男性なら、家事のクオリティは女性のほうが上。あれこれ同時進行で考えて片付けられる妻は、1つの家事で精一杯な夫より効率的に動けるのが事実。家事は習慣的に身につけていく方法が基本ですので、分担をする前にやり方を確認したほうがよいでしょう。

 

小さな不満があるのは仕方ない!でも蓄積させないで

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

望んでいることというと、何か難しいことを想定してしまいそうですが、男性の1位がねぎらいの言葉という結果に。声をかけるだけならそれほど難しいことではありませんね。また、ねぎらいの言葉から、夫婦のコミュニケーションが生まれるメリットがあります。コミュニケーションは夫婦円満の秘訣です。

 

小さな不満そのものは問題ではなく、不満が蓄積して何かの拍子に大きくなってしまうことのほうが問題です。夫が望む5つのことをご紹介しましたが、これは相手の顔色を伺いながら振る舞うためではありません。相手が感じている日常の不満を少なくしていけば夫婦関係を良好に保ち、いずれ良い結果として自分に返ってくることが考えられるからです。

 

さいごに

 

これから結婚する女性へ!夫が妻に望む1位は言葉?夫婦円満のコツ

 

いろいろな不満を感じていても、ねぎらいの言葉をかけられたら、それまでの不満が少なくなったということも。結婚生活は完ぺきではなくても構いませんが、ポイントだけはつかみましょう。今回は夫の望みから、やっておくとよいことが明らかになったと思います。参考にしてみてくださいね。

 

 

頭皮が臭いと悩む女性はこちら