結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

好きな人がいるのに、恋愛をどうはじめたらよいか悩んでしまうという人はいませんか。恋愛への道を切り拓くヒントを、メンタル面と外見からお伝えします。恋にあきらめたくない人も参考にしてみてくださいね。

 

20歳のおよそ6割が交際経験あり

 

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

恋愛や結婚に興味を示さない若者が、増えているといわれています。実際のところはどうなのでしょうか。オーネットでは、「2017年新成人の恋愛・結婚意識調査」を新成人向けに実施しました。そこで判明したのは、過去よりも恋愛に興味がある若者が増えているということです。オーネットの調査で2014年時点の結果では、交際経験ありの新成人は半数以下でした。2年で10%ほど増えたことになります。また結婚願望がある人も8割以上。草食系という言葉が流行っていたのとは裏腹に、恋愛や結婚に前向きということがわかりました。

 

恋愛をしたいのにできない人が多い

 

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

恋愛に対して、前向きなキモチがあるものの恋愛に今一歩踏み切れない人も少なくありません。交際経験がないと答えた人の中には、恋愛にどうやって向き合ってよいかわからず、チャンスを逃している人も少なくないということが想定できます。

 

調査によると、恋人がほしいと答えた人は、74.7%で前回の調査の64%から大きく上回っているのも興味深いですね。2016年は新成人と年齢の近いぺこ・りゅうちぇるの結婚、君の名はの大ヒット、ドラマ逃げ恥のヒットなど、恋愛をしたいなあと思えるネタが、新成人に影響したことも考えられます。実際に恋愛をするならメンタル面も大切です。そこで次から恋愛を切り拓くために必要なメンタルと、外見のポイントについてもお伝えしていきます。

 

恋愛への道を切り拓くヒント<メンタル(内面)編>

 

好きなキモチに正直になる

 

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

恋愛のトキメキは、非日常的。ドキドキしたり、すれ違っただけでワクワクしたりと、普通の心境ではなくなることがほとんどです。恋愛に慣れていないと、恋愛特有のキモチを感じた時に拒否反応をしてしまうことがあります。これが恋愛への障害となってしまい、恋愛したいのにできなくする原因に。まずは、キモチを認め受け入れることが大切です。まずはどんな相手でも、好きになってもいいと自分を許しましょう。

 

100%理想の男なんていない

 

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

せっかく好きなキモチが湧いたのに、好きな人の残念な一面を見てしまうこともあるでしょう。好きというキモチを抱えながらも、「やっぱり好きじゃないかも」「好きになってはダメかも」とブレーキをかけてしまいます。どんな人でも欠点は付きものです。また恋愛にブレーキをかけるのは、過去のトラウマなど自分にも原因がある場合も否めません。

 

付き合いたい?相手とはどうなりたい

 

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

好きというキモチを受け入れたものの、その相手とはどのような関係を望んでいるのでしょうか。片思いのままでよいのか、それともそれ以上の関係を望んでいるのかということをじっくり考えてみましょう。付き合いたいと思ったら、告白をしないと恋愛のスタート地点に立てません。相手が気付いてくれるまで待つ方法もありますが、時間がかかってしまいチャンスを逃すことになりかねないのです。

 

告白して後悔してもいい

 

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

告白すると決めたものの、フラれたらどうしようという心配もあるでしょう。しかしフラれたらどうしようという思いには、どこかで告白を成功させなきゃダメと思いこんでいることも。そのため成功率が低そうだなと判断した場合、安易に告白しないほうを選んでしまいがちです。でも恋愛に進むなら、失敗してもいいし後悔してもいい、でも相手にキモチだけは伝えようと割り切ることが大切です。

 

経験ナシなら友だちからでもOK

 

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

いきなり彼氏彼女の関係はハードルが高いという時は、友だちからスタートしてみましょう。何でも話せる友だちなら、相手も安心するでしょう。友だちになるメリットは、徐々に相手を知ることができること。好きになっても、まだまだ相手を理解するところまではいっていないと思います。分かり合ってから正式に告白してもOKですよ。

 

ネガティブに考えない

せっかく付き合えても、浮気されるんじゃないか、嫌われるのではないかというネガティブな考え方は相手にも伝わってしまいます。むやみに疑心暗鬼になるよりも、ありのままを受け止めましょう。恋愛で大切なのは相手を信じるコトです。

 

恋愛への道を切り拓くヒント<外見編>

 

ファッションや髪型をおしゃれに

 

結婚願望はあるものの恋愛できない?恋愛をスタートする内面×外見のヒント

 

恋愛をしている子は、そうではない子よりオシャレ。片思いでもファッションからイキイキとしていれば、前向きに恋愛も考えられるでしょう。雑誌でいいなと思うモデルさんの恰好を、真似してみては。

 

同じ服は×、流行も入れて

流行も適度に取り入れると、男性ウケもよいでしょう。男性は見た目から恋愛に入ることも多いので、見た目がマイナスは恋愛でもマイナスになってしまいます。気を抜くと服装にも表れますので、注意しましょう。

 

さいごに

 

恋愛したいのにできない場合は、内面に壁があることが多いです。上手に恋愛をしようと思わなくても大丈夫。自分にあるキモチを認めて、自分らしい恋愛をしましょう。外見も重要なポイントになりますので、意識してみましょう。